就職とは

 

人生の中で、もっとも重要な事のひとつ
就職は、なぜ、重要なのでしょう?。それは、一日の大半を、そして人生の大半の時間を、その事に関わることになるからです。それが楽しく、やりがいのあることなら、毎日が充実し、人生もよりよいものになるはずです。
反対に、つらく、意義を感じないことならば、毎日が苦痛で、むなしい人生となってしまいます。
仕事とは
仕事とはなんでしょうか?。命令されてやること?。お金を得るために、しかたがなくやること?。仕事をそんな風に考えているなら、あなたが選んだ仕事では、たぶん長続きはしないでしょう。
仕事とは、あなたの能力や労力を、他人のために役立てることです。
よい仕事とは
よい仕事に会えたら、たぶん、一生続けていきたいと思うことでしょう。また、他人にはやらせたくない、自分がやりたいことのはずです。
良くない仕事なら、宝くじでも当たったら、すぐに止めたいと思うはずです。また、自分ではやらず、できれば他人にやらせたいと思うでしょう。
よい仕事は、「労力の割に収入の多い仕事」という意味ではないことはわかると思います。
あなたの能力
自分に能力があるか不安に感じている人がいるかもしれません。あなたは、他人とは何かが違うはずです。実はこの違うという事が、あなたの能力なのです。
あなたが、楽しくてしょうがない事が、別な人には苦痛であることだってあります。あなたが、お金も貰ってもやりたくない事が、別な人では、お金を払ってでもやりたい事だってあります。
このように多様な価値観があるからこそ、社会が成り立っているのです。あなたの価値観に合った仕事を、見つけることが大切です。
貰うと稼ぐ
給与は、就職先を決める上では重要でしょう。給与は貰うものではなく稼ぐものです。「どこに所属していると、貰える物が多いか」という考えではなく、「どこに所属すると、自分が稼げるか」ということが大切です。ほんとうに稼げる人なら、就職先なんて関係ありません。なぜなら、その場所を、稼げる場所に変えてしまうからです。
最終的に得たいものは何?
就職すると給与 という名のお金がもらえます。そして多くの人は、お金を多く欲しがります。でも欲しいのはお札ではなく、お金と交換するモノやサービスのはずです。しかし最終的に欲しいものは、モノやサービスではなく、それらを手に入れて感じる「感情」だと気づいてください。その感情を得るには、お金が絶対に必要ですか?。人間関係や仕事をする中で得られませんか?。自分は最終的に何を感じたいのか考えてみてください。年収のことばかり気にしていると、本当にほしいものが手に入らないかもしれません。
ベストポジション
新卒で就職しようとしている、あなたは、人生のもっとも良い位置にいます。どんなに収入が多くても、借金のために、いやな仕事でも辞められない人もいます。このような人は、過去に生きている人(過去に起こったことのために現在の事をしている人)です。なかには、将来に生きている人(将来のために、今をがまんして生きている人)も います。
新卒で就職しようとしている今、貸しも借りもない状態のはずです。このような、しがらみない状態は一生の間に、なかなか、めぐってきません。今なら、本当に自由な選択ができるのです
選択は自分の考えで
選択は自分で考えて決めましょう。なぜなら、あなたの人生だからです。原因も結果も自分で受け止めなければなりません。中には、ご両親の意見で就職先をきめる人もいます。しかし、このような選択が良いとは限りません。なぜなら、ご両親の育った時代と現在では状況が違うことが多いからです。
時代の変化も激しいので、今の選択が、一生の間通用するとも限りません。つまり、学問のように正解というのはないのです。だからこそ、自分で選択し決定することが、大切なのです。
能力よりもモチベーション
仕事でもっとも大切なのは、モチベーション(やる気・動機)です。モチベーションとは、他人から命令されなくても、自分がやりたいと思う気持ちです。仕事は長期戦です。どんなに能力が高くても、やる気がなければ、もの事は完成しません。逆に、能力が高くなくても、モチベーションを持ち続けることができれば、大きな仕事でもできるのです。なんにでもモチベーションをもてる人もいれば、特定のことにしかモチベーションをもてない人もいます。モチベーションは、努力ではありません。努力は長続きしません。せび、モチベーションが、もてる仕事を選んでください。