入社案内

夢は大きく...

スター電機株式会社は、自動制御装置の設計製造をおこなう専門企業です。近年、メカトロニクス産業は大きな躍進を遂げてきました。特にコンピュータの発達が大きく貢献したことはいうまでもあリません。
 しかし、メカトロニクスに要求されるのはリアルタイム処理です。判断・計算・動作の実行に限りなくOに近い時間が求められます。いま、メカトロニクス産業は、次世代の超高速並列コンピュータや人工知能技術に、更なる期待を寄せています。早くそんな先端技術を組み込んだ制御装置を造りたい、誰もが利用できるカタチにしてみたい、それが21月世紀に向けた、私たちの想いです。

制御盤、それは情報と力を結ぶ架け橋です。

コンピュータ内部のわずか5Vの信号(情報)が、200Vものモーター(カ)を動かし、コントロール(制御)する。
情報とカというまったく異質なふたつの世界を結ぶ架け橋として精密部品をはじめとした工業製品や、生活に身近な製品づくりに貢献しています。

世の中動かしているのは、制御盤だ。

 私たちは制御盤の設計・製作をしています。制御盤ってなんでしょう?
では、制御盤の扉を聞けてみましょう。何やら大小の部品と、細い電線や太い電線が縦横無尽に這っています。細い電線は信号機、信号(情報)が伝わる線です。太い電線の方は動力線、動くカ(パワー)が伝わる線なのです。
 つまり、制御盤とは情報をパワーに変える装置なのです・情報をパワーに、感覚(センサー)を情報に換え、さまざまな機能をコントロール(制御)する、それが私たちの仕事なのです。