部署紹介

1.機能設計
マシンに応じて、つくられるのが制御盤。お客様の二一ズに充分耳を傾けながら最適な仕様を検討、部品選定をはじめとする具体的な提案や仕様に応じた機能設計及び生産設計をおこないます。

 

2.生産設計
AutoCADをカスタマイズした独自の設計支援システムをフルに活用。より正確でスピーディな設計でお客様の声をカタチにしほす。部品選定等し過去に使用した数千点の部品がデータベース化されていますので、もっとも効率よく盤設計できるような工夫がなきれています。もちろん変更時にもきわめて機敏に対応することが可能です。

 

3.製造工程
製造部品で必要なデータもネットワークを通じて設計部門から引き出し有効活用がなされています。各種省力化機械等により、生産量の増加にも負担がかからないような工夫をしています。

 

4.検査システム
自社開発の配線検査機により、制御パネルの全点チェックはもちろんの事、操作パネルにおいてし全操作項目を半自動でおこない、完全な製品を次工程に送ります。当社では検査を機械化することで製品すべてに対して同レベルの検査が可能となり、人為的な検査もれやミスを防いています。

 

5.事務部門
自社開発の受発注システムにより、、設計の部品明細から、業務日報等にいたるまで、部署を超えて総合的にデータを管理しています。また、インターネットやFAXとも連動し、社外と連携して作業が進められるようになっています。
 システムはMS-SQLを核としたクライアントサーバー方式で、社員全員でデータ共有を行い、効率的な業務運営を行っています。

イントロダクション ネットワーク